Linuxホストへのエージェントインストール

SCOMではUNIX/Linuxのサポートも拡充されています。以下はUbuntu 14.04にエージェントを配布する例です。

リソースプールの作成

Linuxホストの監視をその他のWindowsサーバー群と同じ管理サーバーで行うにしても、別の管理サーバーで行うにしても、まず、リソースプールを追加するのがお勧めです。

clip_image001

clip_image002

clip_image003

clip_image004

clip_image005

証明書

次に、リソースプール内の管理サーバーが全ての管理サーバーの公開鍵を保持するように構成する必要があります。

今回の環境では、管理サーバーが1台のみの検証環境なのでこの作業はスキップします。

UNIX/Linux アカウント

UNIX/Linux用のアカウント情報を作成します。

clip_image006

clip_image007

clip_image008

clip_image009

clip_image010

clip_image011

clip_image012

プロファイルとしては上記の3つのプロファイルがありますので、それぞれに割り当てます。このあたりはどこに、どのアカウントを割り当てるのか…というのは環境しだいですね。

clip_image013

clip_image014

clip_image015

エージェントの配布

clip_image016

clip_image017

clip_image018

clip_image019

clip_image020

もちろんSSHキーを用いて認証してもいいのですが(構成次第)、ここではユーザー名とパスワードで認証しています。

clip_image021

clip_image019[1]

clip_image022

clip_image023

clip_image024

このように失敗してしまうのは管理パックが古いからです。以下のページから最新の管理パックをダウンロードしインポートすることで対処できます。

clip_image025

clip_image026

clip_image027

これでエージェントのインストールは完了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です