3件のコメント

SCOMでのネットワークデバイスの監視

System Center Operations Managerは様々なデバイスをそれこそオンプレミスのサーバーからアプリケーションからクラウドまでなんでも監視できます。もちろんネットワークデバイスの監視もバッチリ守備範囲です。非常に簡単な操作でネットワーク機器群を監視可能です。

基本的にネットワーク機器にきちんとSNMPの設定が行われていれば、たった1つのネットワーク機器に対して監視を行えばあとは芋づる式にデバイスを発見して監視してくれます。

technet上では以下の記事にネットワークデバイスの検出方法が書かれています。

以下簡単な実行方法です。

 

clip_image001

まず、検出ウィザードを実行します。

 

clip_image002

検出するデバイスとして「ネットワークデバイス」を選択します。

 

image

 

clip_image004

検出の種類を選択します。ネットワークデバイスを全て監視したい場合には「再帰的検出」を選択すると手間を大幅に減らすことができます。

 

clip_image005

ここで、検出に使用するアカウントを作成する…という表現になっていますが、SNMPのコミュニティ名を指定するだけなのでちょっと「アカウント」という印象とは異なります。

 

clip_image006

 

clip_image007

 

clip_image008

 

clip_image009

 

アカウント(SNMPコミュニティ名)の指定が終わったら次はネットワークデバイスを指定します。

 

clip_image010

 

image

 

image

 

clip_image013

clip_image014

clip_image015

clip_image016

 

image

アカウント情報は監視するサーバーに配布されている必要があります。ここでは「はい」を選択します。

 

clip_image018

image

ネットワーク検出ルール実行直後はまだ状態は「保留中」のままになっています。しばらく我慢して待ちます。

 

image

しばらくすると状態が「プロープ中」になります。

 

image

検出が完了すると、ネットワークデバイスが監視されます。

3件のコメント

  1. SCOM2012R2を使用してL3,L2スイッチ(DELL製)の監視を行おうと思っているのですが、検出方法を明示的にして個別には検出できるのですが、再帰的にすると指定した機器のみだけしか検出されません。また、ネットワーク機器同士の接続図も作成されません。どんな原因が考えられるのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です