【注意】Windows Server 2012のHyper-Vクラスタに対するDPMのホストベースのバックアップはまだまともに動作しません

Windows Server 2012はかなり良いOSですし新機能もたくさんあります。そこでCSVボリュームを用いてHyper-Vのクラスタを構成し、仮想マシンを高可用性で稼働させる…誰もが当たり前に組みたくなる構成ですが、この状態でSCDPMを用いてホストベースでバックアップを取ろうとすると色々とトラブルが発生してしまいます。2012年の11月から問題が報告されており、hotfixも出ているものの、まだ完全には解決していません。Microsoftプロダクトで固めた構成を組もうとすると直球ど真ん中の構成なので皆さん注意してください。

詳細は以下のtechnetフォーラムを確認してください。

DPM 2012 SP1 Beta – Causing Server 2012 Hyper-V Cluster hang / ISCSI problems

この問題に対するKBは以下です。

Virtual machine enters a paused state or a CSV volume goes offline when you try to create a backup of the virtual machine on a Windows Server 2012-based failover cluster

結局、色々な人が色々な症状が出ているようですが、以下の条件の場合に問題が出るようです。

  • OSにWindows Server 2012を使用している(Windows Server 2008 R2では問題無い)
  • MSFCを組み、CSVを使ってHyper-Vの高可用性仮想マシンをホストしている。SANへの接続はiSCSIでもFibreでも問題がある。
  • 物理、仮想を問わず、DPMを利用してバックアップをホストベースで取得している。(CSVに対してののバックアップを行なっている)

私の手元の環境ではhotfixを適用する前は仮想マシンのDドライブが見えなくなるという症状でした、hotfix適用後は仮想マシンの電源がOFFになってしまう(シャットダウンしてしまう)という症状です。とりあえず暫定的にバックアップを取得するには以下のような逃げ道があるようです。

  • 2008 R2のクラスタにする(ゲストをエクスポートし、OSを入れなおし、インポートし直す)
  • ホストベースではなく、ゲストベースのバックアップにする。

ただ、すでに問題は解決したと報告しているひともいるので、細かいところは構成によるようです。早く解決してほしいものです…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です