DPMでベアメタル回復、システム状態に対しての整合性が取れない場合の対処方法

Windows Serverバックアップの機能が追加されていないサーバーに対してDPMでベアメタル、システム状態の保護をしようとしても、整合性が取れません。これはWindows Server バックアップの機能を追加することで対処出来ます。

image

image

image

image

image

image

image

image

Windows Serverバックアップを追加した上で、整合性チェックを実施します。

image

image

これでも整合性が取れない場合には該当サーバーにてwbadmin.exeにて個別にテストを実施します。

wbadmin.exe start systemstatebackup -backuptarget:C:

このコマンドが成功するようであれば、DPMからも成功するはずです。エラーが出るようであればそれを個別に対処します。ログファイルはC:WindowsLogsWindowsServerBackupにあります。

最終的にうまくいけば以下の用に保護の状態が「OK」になります。

image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です